昨日, 土用丑の日

昨日、土用丑の日の夕食です

f:id:boianuf:20170726141129j:plain

うな重、キュウリと竹輪の酢の物、玉子焼きと酢ゴボウ、豆の黒ごまあえ

f:id:boianuf:20170726141316j:plain

うな重の飾りに大きくなっている山椒の葉をのせ

f:id:boianuf:20170726141337j:plain

キュウリと竹輪の酢の物

f:id:boianuf:20170726141351j:plain

玉子焼き、酢ゴボウ、ミニトマト

f:id:boianuf:20170726141408j:plain

豆の黒ごまあえ

f:id:boianuf:20170726141442j:plain

うな重から山椒の葉を取り美味しくいただきました。

 

本日、土用丑の日

本日、土用丑の日

このキャッチコピーは江戸時代に平賀源内がウナギ屋のため考案

今日は薄曇り、ムシムシして暑いです、夕食はスタミナ食の鰻を食べることにします。

f:id:boianuf:20170725143444j:plain

22日に地域の夏祭りがあった中央公園、暑すぎてほゞ人のいない公園の様子

f:id:boianuf:20170725143623j:plain

桜の木にアブラゼミがしがみついてやかましく鳴いております

f:id:boianuf:20170725143806j:plain

夏休みの小学生も、暑いのか蝉取りに公園に遊びに来てません。

f:id:boianuf:20170725144122j:plain

グランドもひっそりしています

 

 

梅干し漬け 総括

6月22日、梅干し用の梅を購入し、7月22日に土用干しが終わるまでの梅干し漬け総括

2017年、梅干し漬けの出来栄えはよく、香りも、味も、酸っぱさも宜しいようです

f:id:boianuf:20170622135434j:plain

6月22日、秋篠の産直で和歌山の南高梅を20kg購入

f:id:boianuf:20170623124332j:plain

6月23日、水に漬けアク抜き

f:id:boianuf:20170624100243j:plain

6月23日、熟れている梅は期間差で短時間の灰汁抜き

アク抜き

f:id:boianuf:20170624100323j:plain

6月23日、梅のヘタ取り

f:id:boianuf:20170624100344j:plain

6月23日、梅と塩計量しばがら、塩をまぶして

f:id:boianuf:20170624100401j:plain

6月23日、塩漬け

f:id:boianuf:20170624101214j:plain

6月23日、塩漬け梅に重石+2リットルのペットボトル2本をのせて漬ける

f:id:boianuf:20170625093203j:plain

6月25日、白梅酢が上がってきた

f:id:boianuf:20170627110440j:plain

6月27日、重石減らすため、2リットルペットボトルを取る

f:id:boianuf:20170702093947j:plain

7月2日、赤紫蘇のアク抜き

f:id:boianuf:20170706101632j:plain

7月6日、アク抜きした赤紫蘇を梅漬けの樽へ入れる

f:id:boianuf:20170720094608j:plain

7月20日、梅干しの土用干し1日目

f:id:boianuf:20170721102211j:plain

7月21日、梅干しの土用干し2日目

f:id:boianuf:20170723111949j:plain

7月22日、梅干しの土用干し3日目(最終日)

f:id:boianuf:20170723112123j:plain

7月22日、梅干しを瓶詰めし上に紫蘇をのせ、蓋に製造年月日を記入したラベルを貼る

f:id:boianuf:20170723112211j:plain

7月22日、床下収納に保存しました

2016年に漬けた梅干が1瓶と半分残っているため、2017年製を開けるのはだいぶ先です

 

 

 

 

鰯の蒲焼

イワシのかば焼き 

f:id:boianuf:20170723125632j:plain

赤線のようにイワシの頭を切り落とす、次に青線のように胸から肛門にかけて切り落とす (写真はWebからコピー、切り取り線をペイントソフトで加工挿入しました)

内臓や黒い部分を取り軽く水洗いします

f:id:boianuf:20170723130544j:plain

上の写真のように頭と腹を切ったイワシはしっぽの方から骨のそって頭方向に腹開きします

片身に残っている骨は、頭の方からしっぽにかけて包丁を入れてそぎ取り、シッポも落とす

f:id:boianuf:20170723130756j:plain

原開きにしたイワシは醤油、みりん、酒につけて置く

f:id:boianuf:20170723131046j:plain

両面に片栗粉をまぶして油を引いたフライパンでじっくりと焼く

f:id:boianuf:20170723131144j:plain

両面が焼けたら皿に盛る

f:id:boianuf:20170723131218j:plain

イワシのかば焼き、オーブントースターで焼いたシシトウ、紅ショウガ

f:id:boianuf:20170723131329j:plain

イワシのかば焼き

f:id:boianuf:20170723131348j:plain

ゴーヤと玉ねぎの酢の物

f:id:boianuf:20170723131414j:plain

絹こし豆腐とメカブの小鉢

梅干し漬け 9

梅干しの土用干し3日目 (最終日)

f:id:boianuf:20170723111905j:plain

一晩軒下で夜露を吸わせた梅干を干す

f:id:boianuf:20170723111935j:plain

初日と比べると梅干しの水分が抜けてきました

f:id:boianuf:20170723111949j:plain

梅干しの土用干し3日目

f:id:boianuf:20170723112004j:plain

赤紫蘇もザルで土用干し

f:id:boianuf:20170723112019j:plain

午後3時に部屋に入れて冷ます

f:id:boianuf:20170723112123j:plain

広口瓶の赤梅酢の中に梅干を入れる(我が家では梅干のままでなく赤梅酢に漬けて保存)

f:id:boianuf:20170723112041j:plain

梅の上に赤紫蘇をのせ、ビンの小口と蓋をホワイトリカーで消毒して蓋をしておいた

f:id:boianuf:20170723112110j:plain

ラベルに塩漬け日と土用干し完了日を記入し、蓋に貼り付けして今年の梅干し漬け作業終了

f:id:boianuf:20170723112211j:plain

台所の床下ユニットに保存、梅干し、ッキョウ漬け、ピクルス、もろみ、味噌、ワイン

f:id:boianuf:20170723112250j:plain

向こう側の床下ユニットには、酢、醤油、オイル、みりん、醤油、ソースなどが入っています

 

 

 

シュウマイピザ

シュウマイの皮で焼いたピザ

f:id:boianuf:20170722091624j:plain

シュウマイ皮の要所に指で水をつけもう一枚重ねて (2枚重ねはボリューム満点)

上にチーズとパルメザンチーズをのせオーブントースターで焼いた

f:id:boianuf:20170722091639j:plain

チーズが溶けてラクレット風になり美味しかった

f:id:boianuf:20170722091655j:plain

メインの鶏肉とイカのシュウマイ

f:id:boianuf:20170722091713j:plain

トマトサラダ、ミニトマトは湯むきして,モッツァレラチーズ、玉ねぎ、バジルと合わせました

f:id:boianuf:20170722091726j:plain

食卓に出すまではラップをして冷蔵庫で保存しておき、ひんやりして美味しかった。

梅干し漬け 8

梅干しの土用干し2日目

f:id:boianuf:20170721102057j:plain

初日の土用干し後、漬け汁に戻しておいた梅干を竹ざるに並べて2日目の土用干し

f:id:boianuf:20170721102111j:plain

漬け戻しで色が濃くなっております

f:id:boianuf:20170721102131j:plain

柔らかくておいしそうですがすっぱいです

f:id:boianuf:20170721102144j:plain

今年の梅は産直店で購入した、価格も安く大粒の完熟梅だったのが梅干には良かった

f:id:boianuf:20170721102157j:plain

白干し梅干

f:id:boianuf:20170721102211j:plain

この量でおおよそ一年分の梅干になります

f:id:boianuf:20170721102233j:plain

梅干しの土用干し2日目

f:id:boianuf:20170721102252j:plain

梅干しの土用干し2日目

f:id:boianuf:20170721102306j:plain

今朝のアメリカ芙蓉

f:id:boianuf:20170721102330j:plain

広口瓶の上に片手ザルのせ、リードを2重に敷き入れ梅干しの漬け汁をこして入れた

f:id:boianuf:20170721102346j:plain

土用干しが終わったら、我が家ではこの中に梅干を入れ上に紫蘇をのせ床下ユニットに保存します

f:id:boianuf:20170721172017j:plain

2日目の夕方、竹ざるの梅干を軒下へ入れた

f:id:boianuf:20170721172105j:plain

万一の雨に備えビニールシートを貼っておきました

f:id:boianuf:20170721172044j:plain

このまま朝までおいて、3日目は日光の下にだして最終の土用干しを行います

ジャンボゴーヤ

ジャンボゴーヤの収穫

f:id:boianuf:20170720165753j:plain

ジャンボゴーヤがツル棚の葉陰に隠れていました

さっそくジャンボゴーヤを縦割りにして、種を取りオーブントースターで焼き

横に薄くスライスしてかつお節と合わせて食しますが、食べきれないので、朝食に炒める予定です

f:id:boianuf:20170720165812j:plain

手前が通常サイズのゴーヤ、向こう側が収穫したジャンボサイズのゴーヤ

f:id:boianuf:20170720170029j:plain

ジャンボゴーヤは33㎝もありました

f:id:boianuf:20170720170012j:plain

夕方に収穫したミニトマト、毎日たくさん収穫できています。

 

梅干し漬け 7

梅雨が明け、土用に入りました。今年漬けた梅干しの土用干しをします。

f:id:boianuf:20170720093953j:plain

土用干し中の梅干、夕方樽の漬け汁に戻して干すとさらに梅干しが赤くなります

f:id:boianuf:20170720094005j:plain

朝早く土用干しの準備、シートを敷き、干し台の上に竹ざるをのせる

f:id:boianuf:20170720094143j:plain

竹ざるを布で拭き、アルコール殺菌(ホワイトリカーをスプレー)

f:id:boianuf:20170720094246j:plain

漬けダルの紫蘇を料理用ポリ手袋をして搾りザルに取りだす

f:id:boianuf:20170720094405j:plain

しぼった紫蘇はザルにあげて土用干し

f:id:boianuf:20170720094539j:plain

漬け桶から梅干を取り出し、竹ざるに並べる

f:id:boianuf:20170720094608j:plain

日差しもきつくなり、汗だくでやっと並べ完了

f:id:boianuf:20170720094629j:plain

漬け汁はネットを掛けて土用干し

f:id:boianuf:20170720094724j:plain

夕方、梅干が熱いうちに、漬けダルの梅酢の中に戻し翌朝2日目の土用干しをします

f:id:boianuf:20170720094752j:plain

中央の梅は白干し梅干、梅酢には2度漬けさずに土用干しを行います

f:id:boianuf:20170720094820j:plain

初日の梅干し土用干し

f:id:boianuf:20170720165342j:plain

夕方、梅干を樽に漬け戻す

f:id:boianuf:20170720165423j:plain

もう一方の樽にも梅干しの漬け戻し

f:id:boianuf:20170720165503j:plain

紫蘇は玄関内へ

f:id:boianuf:20170720165539j:plain

梅干しの漬けダルに蓋をして、玄関内へ明朝まで入れておきます

f:id:boianuf:20170720165636j:plain

初日の土用干し作業は無事終了しました

梅雨明け

梅雨が明けたという、梅干しの土用干しを始めるにはからっと晴れてほしいところです

f:id:boianuf:20170719173013j:plain

 今朝のアメリカ芙蓉

f:id:boianuf:20170719173034j:plain

鉢植えのアメリカ芙蓉

f:id:boianuf:20170720151827j:plain

収穫したミニトマト

f:id:boianuf:20170720151900j:plain

朝食用の焼きおにぎり

f:id:boianuf:20170720151938j:plain

中には梅干、傷まない様にすべての面を焼いておきました。