アジの塩焼き

大きくて新鮮なアジが安く売られていた、買ってきてアジの塩焼き

f:id:boianuf:20190119102701j:plain

アジの塩焼き

塩焼きにしても、お皿からはみ出すほど大きなアジでした

f:id:boianuf:20190119102823j:plain

山芋とシシトウを焼いて添えました

f:id:boianuf:20190119102901j:plain

キュウリにカニボコと生わかめの酢の物

f:id:boianuf:20190119102940j:plain

スナップエンドウ

f:id:boianuf:20190119102955j:plain

おまめさん

f:id:boianuf:20190119103011j:plain

たくあん漬け

f:id:boianuf:20190119103034j:plain

アジの塩焼き御膳です

マカロニグラタン

マカロニグラタンが食べたくなってつくりました。

f:id:boianuf:20190118092705j:plain

マカロニグラタン

ミルクとマカロニの量の加減で皿いっぱいに焼き上げたマカロニグラタン

f:id:boianuf:20190118092944j:plain

マカロニ 白ワイン 牛乳 キノコ(エリンギ)

f:id:boianuf:20190118093033j:plain

エリンギは半分に切り手で縦割りにした、鶏の胸肉は皮と脂身を除いて一口大の薄切り

右端はおろし金で下した本場イタリアのパルメザンチーズ

f:id:boianuf:20190118093346j:plain

鶏の胸肉

f:id:boianuf:20190118093442j:plain

マカロニは袋に残る量の関係で少し多めになりました

f:id:boianuf:20190118093621j:plain

左手前はザルに紙を敷きヨーグルトの水分を取ってサラダに使います。(賞味期限が近付いたヨーグルトを一度に使いきる方法)

f:id:boianuf:20190118094042j:plain

サラダに使うサニーレタスとトマト

f:id:boianuf:20190118094250j:plain

バターで鶏肉と玉ねぎ、キノコ(エリンギ)を炒め、小麦粉を加え炒める

f:id:boianuf:20190118094433j:plain

とろみが出てきたら

f:id:boianuf:20190118094638j:plain

ミルクを加え入れる

f:id:boianuf:20190118094704j:plain

味付けをしてグラタンソースの出来上がり

f:id:boianuf:20190118094818j:plain

マカロニを茹でグラタン皿にもりグラタンソース、チーズをかけてオーブンで焼き上げる

f:id:boianuf:20190118094950j:plain

マカロニグラタンとヨーグルトサラダ

f:id:boianuf:20190118095150j:plain

ヨーグルトサラダは野菜と水切りしたヨーグルトを混ぜ合わせ上に紫玉ねぎの黒酢+リンゴ酢漬けをトッピングしました

鶏肝煮込み

f:id:boianuf:20190117103554j:plain

鶏肝煮込み

鶏肝煮込みとマイタケ&ゴボウのキンピラ風煮込み

f:id:boianuf:20190117103817j:plain

新鮮な鶏肝がパックで売られているのを購入

f:id:boianuf:20190117103943j:plain

肝臓は二つに切り黄色い脂と血の塊を取り、心臓は縦割りにして中に残っている血の塊と黄色い脂、太い血管を切り取り水に漬けさらに血抜きをする、何度か水を替える。

f:id:boianuf:20190117104325j:plain

鍋にごま油を熱し鶏肝と千切りショウガを入れ炒める

f:id:boianuf:20190117104430j:plain

日本酒、砂糖、醤油で味付けし煮詰める

f:id:boianuf:20190117104520j:plain

ゴボウと舞茸は別の鍋でキンピラ風に炒め鶏肝の煮汁を加えて煮込みました

f:id:boianuf:20190117104701j:plain

鶏肝煮込みで夕食

f:id:boianuf:20190117104757j:plain

アボカド、サニーレタス、紫玉ねぎのオリーブオイル漬けにルッコラをトッピング

f:id:boianuf:20190117104938j:plain

キュウリに生わかめと竹輪を入れた酢の物

f:id:boianuf:20190117105020j:plain

釜揚げシラス

f:id:boianuf:20190117105039j:plain

美味しくいただきました。

ザウワークラウト

冷蔵庫にストックしているザウワークラウトが少なく成ってきた。

スーパーで一玉98円で特売していた、そのキャベツを購入し計量すると1.54kgもあった。このキャベツでザウワークラウトをつくることにした。

f:id:boianuf:20190116170453j:plain

キャベツを縦に1/3等分にし芯の部分を切り取る

f:id:boianuf:20190116170552j:plain

キャベツの芯の部分は薄く切る

f:id:boianuf:20190116170635j:plain

芯の部分も薄く切ってザウワークラウトにすると柔らかくなる

f:id:boianuf:20190116170725j:plain

芯を切り取ったキャベツは8mm程度に細く切り一度ザルへ

f:id:boianuf:20190116170837j:plain

f:id:boianuf:20190116170856j:plain

f:id:boianuf:20190116170909j:plain

保存袋に切ったキャベツ半量を入れ、分量の粗塩半量を入れよくなじませる

f:id:boianuf:20190116171046j:plain

残りのキャベツを加え入れ塩の残りと、黒コショウ、鷹の爪、ロリエ、キビ砂糖を加え入れる

f:id:boianuf:20190116171239j:plain

袋の空気を抜き

f:id:boianuf:20190116171306j:plain

保存袋をもう一枚重ねて大きいパットに入れ

f:id:boianuf:20190116171351j:plain

上から小さいパットを乗せこの中に重石(ビール缶等330mlx6本)のせキャベツを発酵させザウワークラウトが出きるまで待つ

f:id:boianuf:20190116220111j:plain

冬場は室温が低く発酵が進まない、発泡スチロール容器に入れて

f:id:boianuf:20190116220122j:plain

このようにして発泡スチロール容器に入れ

f:id:boianuf:20190116220141j:plain

夜間は室温も下がるため蓋をして部屋に置いてキャベツの発酵を待つことにしました。

 

紫玉ねぎ漬け

紫玉ねぎの黒酢漬け

f:id:boianuf:20190115154552j:plain

紫玉ねぎ漬け

f:id:boianuf:20190115154621j:plain

紫玉ねぎの黒酢+リンゴ酢漬け

割合は;紫玉ねぎ1個、黑酢+リンゴ酢 大さじ5、塩一つまみ、ハチミツ大さじ1~2

タマネギは薄く切り空気に15~20分さらしてから広口瓶に調味料と漬け冷蔵庫で3~4日で食べごろになる。

 

紫玉ねぎのオリーブオイル漬け

f:id:boianuf:20190115155234j:plain

紫玉ねぎのオリーブオイル漬け

調味料はオリーブオイル大さじ1.5、塩小さじ1/3、酢大さじ1/2、ブラックペッパー少々で漬ける

タマネギは薄く切り空気に15~20分さらしてから

庭先の花

今日は天気が悪く昼頃から冷たい雨が降っております

昨日は天気が良くて日差しがぽかぽかと暖かかった、鉢植えの「オキザリス」が綺麗でした。

f:id:boianuf:20190115152936j:plain

鉢植えのオキザリス

f:id:boianuf:20190115153019j:plain

鉢植えのオキザリス

f:id:boianuf:20190115153039j:plain

f:id:boianuf:20190115153048j:plain

何年も咲かせているオキザリスの鉢、昨秋土を替えて小さな球根を植え替えておきました

f:id:boianuf:20190115153113j:plain

一度に咲くと綺麗ですが日差しが少ないと花はねじれしぼんで咲き開きません

f:id:boianuf:20190115153127j:plain

オキザリスの鉢

 

大根漬け汁で煮付

大根のバリバリ漬け ➀大根は皮付きのまま厚さ1cmの輪切りにして4つ割の銀杏切り、 ②鍋に砂糖、醤油、酢を入れ沸騰させて調味液を作る。調味料の目安は大根1kgに対して、砂糖・醤油2カップ、酢60cc、細切り昆布一つまみ。③密封容器に大根を入れ上から熱々の②を器の4/5位のところまで入れうえから細切り昆布をちらして軽く混ぜ合わせる。 ④蓋をして一晩漬ければ出来上がり。(このレシピは我が家の愛読書、講談社クッキングパパ148巻より引用)

この大根のバリバリ漬けは美味しいです。レシピの後半にあるバリバリ大根を漬けた漬け汁で煮付を自己流にアレンジしながらつくりました。

f:id:boianuf:20190114113648j:plain

大根漬け汁で煮付

牛蒡、レンコン、人参、シイタケは乱切り、コンニャクは2cm幅に切り一口大に手でちぎり砂糖をまぶして揉み熱湯をかける、里芋は皮をむき塩でもみ洗い、レンコンとゴボウは水にしばし漬けておく、ニワトリの手羽先は熱湯をかけてから、先端をキッチンばさみで切り落とし、手羽先の曲っている肘の部分に切り目を入れておく。

f:id:boianuf:20190114113854j:plain

レシピではコンニャク、里芋、人参、手羽先、ゴボウ、レンコン、シイタケの順に入れるとあるが鍋にまとめて入れました。その上から2倍に薄めた大根の漬け汁をかけ入れ

f:id:boianuf:20190114113757j:plain

落し蓋替わりにアルミフォイルを鍋にかぶせ周囲を押さえて鍋のかたちをつけフォイルの端を折りまげ、中ほどに穴を開けて中火で20分くらい煮たら出来上がり

f:id:boianuf:20190114114142j:plain

銀杏は鍋の火を止める頃に入れ、サンドマメは下茹でをしておき盛りつける前に鍋に入れる

f:id:boianuf:20190114114236j:plain

器に盛りつけ中

f:id:boianuf:20190114114312j:plain

沢山な量になりました

f:id:boianuf:20190114114354j:plain

煮付で夕食

f:id:boianuf:20190114114427j:plain

大根漬け汁で煮付け

f:id:boianuf:20190114114459j:plain

辛子明太子

f:id:boianuf:20190114114526j:plain

オーブントースターで焼いたブロッコリーカニボコのチーズ焼き

 

 




 

 

 

どんど焼き

今年のどんど焼きは1月13日に例年同様、小学校の校庭で有りました。

正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、小学校の校庭で燃やすという行事、玄関の注連縄から、橙(だいだい)、針金、プラスチック、釘もあったので外し、燃やせる紙と藁にして紙袋に入れ、運動にと歩いて行ってきました。

f:id:boianuf:20190113105105j:plain

どんど焼きは10時から小学校の校庭で開催

f:id:boianuf:20190113105233j:plain

注連縄を燃やせるように金属、プラスチック、橙の取り外しもしています

f:id:boianuf:20190113105525j:plain

住民の世代交代のためか、まだ時間がはやかったのか、顔見知りの同年配を見かけませんでした

f:id:boianuf:20190113110009j:plain

今年は竹が焼けて破裂しないよう竹のふしにのこぎりで切り目を入れてありました。

f:id:boianuf:20190113110052j:plain

どんど焼きのやぐら

f:id:boianuf:20190113110129j:plain

どんど焼き櫓の先

f:id:boianuf:20190113110148j:plain

開始早々に行ったので人出は少なかった

f:id:boianuf:20190113110207j:plain

お餅の入ったぜんざいとお茶を頂いて体が温まりました。







 

長生き味噌の保存

テレビで紹介されてから我が家では長生き味噌を使っています

f:id:boianuf:20190112132620j:plain

長生き味噌の冷凍保存

長生き味噌の作り方は下記URLから 2018-12-06 記事を参照してください

http://blog.hatena.ne.jp/boianuf/boianuf.hatenadiary.com/edit?entry=10257846132681072233

赤みそ(300g) 白みそ(300g) すりおろした玉ねぎ3個分 リンゴ酢大さじ9~10を練りあわせ製氷皿で冷凍してつくる「長生き味噌」
赤味噌は、メラノイジンと呼ばれる抗酸化作用が豊富です。
また白味噌は、ストレスを軽減してくれるGABAが多く含まれています。
そして玉ねぎは、腸内環境を整えるオリゴ糖を含み、りんご酢には、腸内の善玉菌のエサになるグルコン酸が含まれるという。

f:id:boianuf:20190112132823j:plain

長生き味噌の材料を合わせ製氷皿に流し入れ半氷にした長生き味噌は竹べらで取り出す

f:id:boianuf:20190112132959j:plain

ラップの上に一回分の分量を乗せる

f:id:boianuf:20190112133040j:plain

みそ汁に使う一回分の量に小分けする

f:id:boianuf:20190112133052j:plain

常温ですぐ柔らかくなるので保存は冷凍が良い

f:id:boianuf:20190112133104j:plain

ラップで長生き味噌を包む

f:id:boianuf:20190112133134j:plain

保存袋に全部入れ終わったら冷凍庫で保存しています